新築一戸建て・工務店(高知・安芸)なら山和木材の「良質住間」におまかせ

失敗しない土地探し

> ホーム > 家づくりプラン > 失敗しない土地探し

不動産業界の裏側を特別大公開!

不動産業界の裏側を特別大公開!

いい家を建てる工務店は見つかった。では、次に必要になるのは?

もちろん、土地(地面)です。

良い土地を見つけるというのは、いい家を建てるのと同じくらい難しいものです。マイホームは、一生に一度の大きな買い物。あなたの人生と命を賭けての買い物なんですね。

ほとんどの方は知りません!

ほとんどの方は知りません!

家を建てる土地にもこだわるために、しっかりとした情報収集が大切です。そこで、不動産の営業マンが教えない、不動産業界の裏側を特別に大公開しましょう。

■不動産の営業マンが教えない秘密の話

良い土地情報は、なかなかあなたの手には届きません。インターネットや住宅雑誌が盛んになり、色々な情報が簡単に手に入る現在でもです。

なぜでしょうか?


実は、不動産の商売方法に秘密が隠されているのです。よく、不動産は両手・片手の商売に例えられます。

「両手の商売」というのは、売主からも買主からも仲介手数料をもらうことです。「片手の商売」というのは、売主または買主のどちらか一方からしか手数料をもらわないことをいいます。
【補足説明】「アンコ」といって中間また別の業者が間に入り、売主もしくは買主からの手数料を業者間で頭割りすることも稀にあります。

不動産業者にとって、
一番儲かるのは当然「両手の商売」なのです。

ですので、売主から土地や住宅を「売って下さい」と依頼を受けると、その業者は「売り物件情報」をできれば他の同業者には公開しないで自分だけで売りたいわけです。

いい物件は、あまりオープンにならないし、自分の持っている物件をお客様のために提案するということが難しいのです。

また、不動産の営業で一番の苦労は何と言ってもこの「売り物件の情報収集」です。不動産は免許さえ受ければ誰でも営業できます。けれど、売るものがなければ商売は成り立ちません。

そこで「いい物件をください!」と業者間回りをするのですが、そうは簡単には手にすることはできません。個人的な人脈や縁故を通じて入手することが多くなります。結果として、土地をお求めの「お客様」は、こうした隠れた情報を手にするために「強力パイプ」をもつ業者を探し当てるか、土地の選び方を知っている人に教えてもらうしかないのです。
私共は家を建てるプロですが、土地選びまでトータル的にサポートさせて頂く事も多々ございます。なぜなら、どういう土地に家を建てると良いのかということもよく分かっているからです。

もし土地選びでもお困りであれば、一度、お気軽にご相談ください。不動産の営業マンが教えない、”失敗しない土地選びのコツ”、お教えいたします。

PAGE TOP