新築一戸建て・工務店(高知・安芸)なら山和木材の「良質住間」におまかせ

家づくりへの想い

> ホーム > 家づくりプラン > お客様への想い

お客様への想い

 よくお客様から聞かれることがあります。「どうして木材屋さんが家を建てるの?」
その答えは、お客様が「あなたに家を建てて欲しい」と言ってくださったからです。
僕はもともと木材屋で一生終わると思ってましたし、家を建てるのは工務店さんで、自分は一下請け業者だと思ってました。
日々工務店さんの期待に答えるべく仕事をしていました。そこでは元請さん絶対主義で木材屋などは提案することすら許されず、誇りやプライドなどとは縁遠い世界で、言われたことさえやっていれば良かったのです。

 お施主様からのお話を元請さんに伝えることはあっても「このようにした方がいい」など言おうものなら業者を換えられるのはあたり前でした。それでも「会社を維持するため」「家族を養うため」と自分に言い聞かせて仕事をしていましたが、当時の僕はひどく嫌な人間になっていました。会社の売上に追われ、「こんな仕事を…」と思うこともこなし自己嫌悪におちいることも多々ありました。

 そんな僕を救ってくださったのが最初に家を建てさせていただいたお客様でした。
経験の浅い僕を信頼してくださり、自分の生命保険を担保に住宅の資金を調達してくださる姿に感動し、「この仕事を誇りを持ってやろう」と思いました。
そしてお引渡しの時のお客様の笑顔は今でも忘れることができません。

 ウチの会社で一番すばらしいのは何か?ともし聞かれたら迷わず答えます、「お客様です」と。
本当にいつも思うのですが、良い方ばかりに家を建てさせていただいています。だから、自分のことなんかはどうでもいいと思えてくるんです。
「お客様の笑顔がみたい」のは本心です。このような仕事ができるのは最高ですし誇りに思っています。

「お客様と一緒に笑って笑顔で仕事ができれば」
山和木材 代表取締役
貞広圭一郎

PAGE TOP