CONCEPT

安芸市在住S様体験談

こんなにも違うお金の話-下調べ編-

 

S様は、お子様が2人いらっしゃってそろそろ家が欲しいな~と思っていたそうです。そこで、テレビでよくCMが流れている大手ハウスメーカの住宅展示場に情報収集のために行ったそうです。アンケートを書き、展示場を見て回っていました。

すると、30代くらいの笑顔がさわやかな男性営業マンがやってきて話しかけてきたそうです。色々と話をしているうちに、その営業マンの印象も非常によかったので、参考に見積りをもらうことになりました。

しかし、その見積り金額をみて彼は驚きました。なんと、3500万円といわれたそうです。
そこで、S様は思ったそうです。
家を買うことを諦める

こんな先行きが不透明な世の中で、家を買うのは、もう諦めるしかないんじゃないか…?

しかし、お子様や奥様のために諦めきれなかったS様はインターネットで検索して、地元にある工務店の見学会にも行ったそうです。そこで地元の工務店でも家づくりをしていることを初めて知ったそうです。

S様は、山和木材に話したときと同じように家づくりの夢や想いを工務店の社長にお話をしたそうです。その社長はまったく同じではないけれど、ほぼ同じような家であれば、2200万円ぐらいかな、とすぐに見積りをくれました。
こんなに違う価格

これだけでも、約1300万円も違うのです!

ほとんど同じ家でこんなにも価格に差があるのか、どうしても信じられなかったS様は、その工務店の社長を連れて、展示場の家と同じ家をお願いしたらいくらですか?と聞いたところ・・・
 

社長が答えた金額は、約2500万くらいとのこと。全く同じということではありませんが、彼の奥様や彼の希望を十分に満たした上でも、価格はやはり1000万も違うのです!

 

このことから家を買う時は、展示場に言って話を聞くだけでなく、家を作るプロ(工務店など)に相談することも大事だとS様は思われたそうです。

そしてその中で、S様が一番嬉しかったのは、工務店の社長がS様の話を聞きながら、家づくりで大切なことを教えてくれたり、間違った家づくりのときは、プロとしてしっかりアドバイスしてくれたことだったそうです。

 

今では、その工務店の社長と仲良くお話されているS様ですが、最初は、しつこい住宅営業が怖くていきなり電話をかけるのはやめて、資料請求をしたそうです。

 

もし、あなたが家作りで失敗したくないと考えているなら、その工務店がどんな想いで家づくりをしていて、お施主様にどんな家づくりをしているのか知るために資料請求をすることをおすすめします!

一生に一度の家づくりを楽しむ-実行編-

家づくりを楽しむ~理由~

家を建てようと思った理由は?

地震と津波を考えて高台に家を建てようと思い、土地探しをはじめました。
ゆっくり探していると高台に条件のいい土地があり、それを購入しました。(ラッキー)
でも住宅展示場を巡って、立派なモデルハウスを見ても、実際の私達の家のイメージとは大きくかけ離れていてしばらく考えなかった時期もありました。 また、業者によっては営業担当の方から頻繁に電話が(仕事場まで)あって困っていました。
家づくりを楽しむ~きっかけ~

出会いのきっかけは?

雑貨好きの妻がホームページを見る中で山和木材さんの存在を知り、メールをする中でAyu-m Mamanの家に興味を持ち、話を聞かせてもらいました。
国道沿いの木の家は、たまに通っていたので良く知っていました。
その後、メールを重ねて面談し契約となりましたが、あまり仕事や年収について聞かないので「この人、変?」と思ったこともありました。
家づくりを楽しむ~決め手~

パートナーに山和木材を選んだ決め手は?

担当の貞広さんの人柄でした。家の構造や性能に不安のあった私は「大きな会社でないとちゃんとできないかもしれない」と最初は思いました。
しかし打合せを重ねるたびに構造、性能もしっかりした説明をしていただき、「想いのある人に家を建ててもらわなければいけない」と思うようになり契約しました。妻は「何から何まで全部話してくれた。素材のいい、悪いもすべて教えてくれた。その人柄で決めた。」
契約前に「すべての説明を納得していただいてからでいいですよ」というのもすごく安心できました。
家づくりを楽しむ~始まる~

家作りがはじまってからは?

その後の打合せは何度したかわからないぐらいでした。いつも施主と同じ目線で一緒に考えてくれて無理な要望にも耳を傾けてくれました。
ご近所への配慮もすごくしてくれて、住み始めてからの苦情はありませんでした。
契約してから担当者の態度も変わることなく、楽しく作ることもできて打合せの回数を重ねるたびに信頼が増していきました。
家づくりを楽しむ~楽しい~

楽しかったことは?

(御主人)
塗り壁を職人さんに教えてもらって実際に塗ったことです。メンテナンスも自分でできるのですごく楽です。
あとエイジング加工ですかね。参加できてほんとうによかったです!!
(奥様)
タイル選んだり、キッチンを考えたり、どこにステンドグラスを配置しようか・・・など楽しいことがいっぱいでした。
家づくりを楽しむ~思い出~

家作り中の想い出は?

自分達が塗る部分を、工期に追われて仕上げたのも今となってはいい思いです。
夏仕様の照明も、買ってまた暑くなったら交換しようと今から楽しみです。
家づくりを楽しむ~感想~

お住まいになってよかったことは?

仕様にこだわったおかげで、暖かい家になって暖房の熱が逃げない、これはいいですね。またパイン材の無垢のフローリングの足ざわりがとても気持ちいいです。床暖房をいれてないのになんとなく暖かい。なんともいえず良さを感じます。
エアコン1台で冬過ごせるのは驚きです。性能のよさは住みはじめてわかるのですごく得した感じで、うそのない家作りに納得です!
自分達で全部決められたのはとても楽しかったです!