SERVICE

予算のこと-BUDGET-

STEP1予算内で希望する家はできる?

予算内で希望する家はできる?

あなたと同じように予算内で希望する家が出来るのか?と不安に感じられていた方が当社で家を建てられて、今では「過ごしやすい!」「住み心地がいい」「家計にやさしい」「お友達にホメられる」「何かあるとすぐ対応してくれる」と嬉しいお言葉をいただいております。
 

当社の家作りは「心の通った対応」「温かさ」「家作りへの姿勢」「構造のたしかさ」「担当者の人柄」がお客様より支持されていますしオススメです。
でも…
でも…
人生で最大の買物なので
「だまされるんじゃないだろうか?」
「小さな会社だとつぶれるんじゃないだろうか?」
など…不安がいっぱいですよね。


そこで 当社ではすべての説明をさせていただき、お客様にご納得いただいてから家作りをさせていただいていますし、当社独自の完成保証を実施しています。
その内容はお客様より前渡金(工事前にいただくお金)は一切いただかず、工事をした分だけお客様にお金をいただくシステムです。

 

これだとお客様は得をしても損はないですよね。だから安心していただいてお家を作らせていただいてます。なお、お申し込いただくまでお金は一切いただいておりませんのでご安心ください。

STEP2家づくりの費用を考えてみる

家作り費用の総費用内訳

①本体工事費とは
よく広告などで表示されている本体価格のことです。
どこまでの工事が本体工事費に含まれるのか、各メーカーによって異なっているので、坪単価の安さに惑わされないように気をつけましょう。
②別途工事費とは
  • 外構、造園工事
  • 地盤、基礎補強工事(軟弱な地盤に杭を打ったりする)
  • 照明、カーテン工事
  • 屋外給排水工事
など、土地の質や自治体の本管の通っている、いないに大きく左右されるものです。
場合により、数百万もの金額の変化が考えられる工事を別途工事扱いにするメーカーが多い様です。
③諸費用とは…主なものとして
  • 建築確認申請費用(家の設計が法律に違反していないか審査してもらう費用)
  • 工事請負契約書の印紙税
  • 登記費用
  • 不動産取得税
  • 住宅ローンの費用
  • 水道加入金
  • などがあります。

家づくりの費用

STEP3資金計画

賢く住宅ローンを選ぶコツ

予算内で希望する家はできる?

変動金利 3年固定金利 35年固定金利・・・
難しい専門用語はさておき 今、日本は空前の住宅ローンブームです。
選べる自由は時として、迷いや不安をあおることがあるようで、「住宅ローンは何を選んだらいいのか?」迷う人々が増えています。
 

それぞれの家で住宅ローンは違います。
選び方を間違えてしまうと、ご家庭の大きな損失に繋がる可能性もあります。
なら、我が家にぴったりの住宅ローンって?

そこで大切な2つのチェックポイント

視点を少しだけ、
未来に向けてみましょう。
3年後、10年後
お子様がいらっしゃるご家族であれば、
10年後
お子様が何歳になっているのか?
そして・・・
全体の収入はどのくらいになっているだろうか?
繰上げ返済って本当に必要?
そのタイミングは?
きちんとした資金計画を立てているのなら、何も心配する必要はありません。
 

住宅ローンは人生の中で一番大きな買い物です。
そして、あなたの目の前には様々な選択肢があるのです。

 

住宅ローンで後悔しないように、一度見学会に足を運んでみてください。

 

はじめての方がその中から一番いい住宅ローンを選べます。
相談いただければお悩みにお答えします。
また、当社のおつきあいのあるFP(ファイナンシャルプランナー)さんに計画をたてていただくこともできます。

家づくりの「ギモン」「お悩み」解決します!